2008年 01月 18日
〜恋文〜
d0126414_23364498.jpg
君とふたり過ごした日々
青い空の下 何を想い
ひとつふたつと目を瞑って
指折り数えた 愛しき日々・・・
いろんな君の仕草に恋をした
さざめきあう 風の中
愛を知った

僕が見つめる先に
君の姿があってほしい
一瞬一瞬の美しさを
いくつ歳をとっても
また同じだけ 笑えるよう
君と僕と
また、笑いあえるよう・・・

だから たとえば
僕のためにといって
君がついた嘘なら
僕にとってそれは 本当で
会えないこの間に少しずつ
君が変わっても
想い続けられたら



 by 持田香織
[PR]

by m_and_i | 2008-01-18 00:00 | 恋写


<< 1月の凍てつく月      身も心も凍るべさ〜 >>