2008年 06月 29日
手のひらを太陽に



d0126414_22173137.jpg


 いつの頃からかなぁ、今は子供でもこんな事しないんだろうね
 こうして手を太陽にかざしてみるなんて事は・・・
  
 子供の頃は「手のひらを太陽に」を歌いながら
 流れる血潮で手が赤く見えるのが楽しくて
 日差しの強い日には良くやってた。子供の小さい手は
 大人の手に比べると小さくて薄いので真っ赤っかに見えた
 
 「誰のが一番赤い?」そんな他愛の無い遊びが楽しかった
 あの頃は自然が遊び相手でどんな事ででも遊べたように思う
 数少ない遊び道具で色んな遊びをしたように思う。

 今日はそんな事を考えながら友人に「手を太陽にかざしてみてっ〜」って
 お願いして見た。ちょっと???が出てたけどね^^;


1. ぼくらはみんな生きている
  生きているから歌うんだ
  ぼくらはみんな生きている
  生きているから悲しいんだ
  手のひらを太陽に すかしてみれば
  まっかに流れるぼくの血潮(ちしお)
  みみずだって おけらだって
  あめんぼだって
  みんなみんな生きているんだ
  友だちなんだ

2.ぼくらはみんな生きている
  生きているから笑うんだ
  ぼくらはみんな生きている
  生きているからうれしいんだ
  手のひらを太陽に すかしてみれば
  まっかに流れるぼくの血潮(ちしお)
  とんぼだって かえるだって
  みつばちだって
  みんなみんな生きているんだ
  友だちなんだ

作詞 やなせ たかし
作曲 いずみ たく
[PR]

by m_and_i | 2008-06-29 22:43 | 写心


<< 『道』コレ Vol 1      ひだまり >>